PRIMACARAのドレス作り(Atelier Prima)

「オリジナルドレス」への想い

プリマカーラは、「芍薬(しゃくやく)の花」をイメージし、さまざまな方の優しい気持ちや、愛しい気持ちなど、結婚式にかけるさまざまな想いを重ね合わせています。

ドレス作りも同じです。想いを重ねるように生地を重ね合わせ、優しい色合いや風合いを出していきます。

ドレスデザインは毎年新たなコレクションを発表し、トレンドやニーズを反映させています。

すべてのご新婦様のことを想いながら、ウエスト位置や、バストライン、生地の織り方・重ね方など、絶妙なトータルバランスを綿密に計算して一着を仕立てていきます。

PRIMACARAのドレス作り

  1. 01 Design Proposal

    毎年、PRIMACARAのドレスに携わるすべてのスタッフが
    思い思いの気持ちを込めて、ドレス、タキシードの
    デザイン企画案を考案します。

    日々お客様の生のお声を聴いているスタッフだからこそ
    流行だけにとらわれないドレスが生まれます。

  2. 02 Make a Selection

    デザイン企画のコンセプトを最大限生かせるよう、
    生地・レース・ボタンなどを細部にわたって選定します。

    完成までに何度もテストフィッティングを重ね、
    女性をより魅力的に見せるベストバランスを追求していきます。

  3. 03 Quality Check

    最後に検品専門のスタッフが、クオリティ・安全性の観点で
    何重ものチェックを行います。

    デザイン企画から一年ほどでドレスは形になり、
    新作コレクションとして発表されます。